新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策について

2020.03.19

新型コロナウイルスは、飛沫あるいは接触による感染が一般的とされ、近距離で人と接する環境では、咳やくしゃみ等がなくても感染を拡大させるリスクがあります。

「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」の重要事項として、多数の人が集まる施設における感染症対策を徹底することや院内感染対策の更なる徹底を図ることが挙げられています。当院で行うような「耳鼻咽喉科診察」は飛沫を伴う処置が多く、感染拡大のリスクが高いものと考えます。日頃から院内感染対策には万全を期しておりますが、各自にても手指衛生の励行をお願い致します。

つきましては、

37.5度以上の発熱または風邪症状がある方
1ヶ月以内に海外への渡航歴がある方
1ヶ月以内に上記①または②に該当する方と接触がある方

などへの診療については、受診時事前に申告いただくか、TELにて前もって御相談ください。

なお、当院では新型コロナウイルス感染症に対応できる医科外来設備および入院設備が無いため、受診をお断りする場合がございますので、ご了承ください。
また、当院で新型コロナウイルスの診断はできませんので、予めご承知おきください。

院長